【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

進撃の巨人に登場する主要キャラクターの1人ジャン・キルシュタイン。

 

主人公エレンと訓練兵時代から対立していましたが、実は情に厚いキャラクターでファンも多いです。

 

実際第2回人気投票では、4位にランクイン。

 

そんなジャンは何度も死線をくぐりぬけて、今なお調査兵団の一員として活躍しています。

 

ここではジャンの死線をくぐりぬけたこれまでと、今後の展開について紹介していきます。

 

 

1.何度も死線をくぐりぬけたジャンのこれまでを振り返る

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

まずは何度も死線をくぐりぬけたジャンのこれまでを振り返っていきます。

 

 

@巨人との戦いで何度も死にかけるジャン

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

個性が強い104期の中で、主人公エレンと対立したキャラクターとして登場したジャン。

 

卒業時の成績は6位なのですが、1位は戦闘の天才でアッカーマン家の末裔ミカサ。

 

スポンサーリンク

 

2位〜5位はライナー、ベルトルト、アニ、エレンと全員巨人能力を持っているキャラクターでした。

 

そう考えるとジャンは普通の人間の中では、1番の成績だったということになります。

 

そんなジャンですが、ガス欠で巨人に囲まれる、自分の馬だけ戻ってこないなど、何度も危機に襲われますがなんとか生き延びます。

 

もちろん運もあるのでしょうが、ジャンの高い能力もあってのことでしょう。

 

A死線をくぐりぬけたジャンは調査兵団の中心メンバーに

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

何度も死線をくぐりぬけたジャンですが、いつしか調査兵団の中心メンバーになります。

 

ジャンの理解者であったマルコはジャンのことを

 

「強くないからこそ弱い人間の気持ちがわかり、現状を正しく認識することに優れるからこそどんなに困難な指示も切実に届く」

 

と評しています。

 

スポンサーリンク

 

ミカサやエレンなど強烈な個性を持ったメンバーは、強いですが弱い人間からすると手が届かない存在でもあります。

 

そんな中ジャンは弱い人間の気持ちも理解でき、頼られる存在になっていくという訳です。

 

2.ジャンにたくされた役割・今後の展開を予想

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

調査兵団の中心メンバーとして活躍するジャン。

 

そんなジャンにはそんな役割がたくされているのでしょうか。

 

今後の展開を予想していきます。

 

@兵士をまとめあげるリーダーとなるジャン

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

巨人能力をもたない人間として、ジャンは調査兵団の中心メンバーになります。

 

現在連載が進んでいるパラディ島勢力VSマーレの戦いでも、兵士をまとめあげるリーダーとなっていることが描かれています。

 

スポンサーリンク

 

調査兵団ではハンジ、アルミンらが作戦指揮をしていますので、ジャンは現場指揮官というところでしょうか。

 

戦闘経験が浅い兵士に対しても、しっかりと向き合うジャンの姿が想像できますね。

 

Aジャンが死ぬシーンは描かれるのか予想

 

【進撃の巨人】何度も死線をくぐりぬけるジャン|役割と今後を予想

 

そんなジャンですが、いつか死ぬのではないかという噂があります。

 

進撃の巨人では多くのキャラクターが死ぬシーンが描かれており、最近では同じ104期のサシャも死亡しました。

 

しかし個人的な予想では、ジャンは生き残るのではないかと思っています。

 

もちろんこれまで何度も死線をくぐりぬけたジャンということもあるのですが、それ以上にジャンには生きて果たすべき役割があると思っています。

 

戦争が終結し世界が平和に向かうとすれば、中立的な考えをもっているジャンはとても貴重な存在です。

 

ひょっとすると将来は、政府の指導者とかになるかもしれません。

 

あくまで予想ではありますが、ジャンは生き残っていくでしょう。

 

まとめ

 

ここまで進撃の巨人に登場するジャンについて考察をしてきました。

 

ジャンは何度も死線をくぐりぬけているので、今後も活躍するでしょう。

 

物語も急展開なので、今後もジャンの活躍に期待したいですね。